常々のこと

思うまま感じるままに綴っています。

小2 男 面談

子どもの担任と二者面談。

コロナ禍になり家庭訪問から面談方式になり、

気持ち的にも時間的にも、楽になった。

前回の印象から、一対一だとどんなかなぁ、と

不安半分楽しみ半分で学校に向かう。

hibr.hatenablog.com

着いた途端、驚いていた。

きっと日時を変更したので抜けていた様子。

そうなるだろうと予め前日に確認の連絡帳のやりとりしたのだが、

先生業務忙しいのだろうなぁ。

先生から質問され答えていくなかで、

学校でのエピソードの1つとして、

こんなことがありました、と話してくれた。

上の子の時に感じていて欲していたエピソードトーク

まさか聞けるなんて!

嬉しい、こういうのを聞きたいのだよ、せっかくだから。

不安が(完全ではないけれど)払拭される。

最後に先生から。

あのー、下ネタを言うのですがおうちではどうですか?

へ?下ネタ?!

下ネタって?どんななの?と、頭の中でサラリーマンのおじさんが

ぐるぐるまわり一気に不安。

上の子が中学生なので、その影響ですかね…

特に家で言うことはないのですが…。

あ、そんな、中学生レベルのではないです!と先生。

中学生レベルってなんだ、なんならなんなんだー?またもぐるぐる。

あ、う○ことかです。

ほっ。それって下ネタなんだ

あ、そういう類いならガンガン言います!

今はそういうこと言う子どもは少ないのかな。

うちの子ども達はとてもとても言うし、お友だちとも話してるの聞くし、

職場の子ども達もよく言う。

と思ってたけど、私と関わる子どもだけなんだろうか…。